アラサー 婚活

アラサー 婚活

アラサーは25歳以上から34歳までの人をいいます。婚活の時にアラサーという表現を使う場合が多いです。
特に女性に使う時が多くアラサー女子なんて表現もされますね。アラサーという表現は30歳前後の相手を揶揄したり、自分を自嘲するときに使います。
多くの人にとってアラサーになると、そろそろ結婚・婚活という意識が芽生え始めます。
女性の場合は元気な子供(赤ちゃん)を産むには若いうちの方が安全と言われていますし、30代後半以降に出産すると障害児が産まれる危険性も高まります。
独り身で生涯を過ごすのもさみしいことですし、女性にとって結婚が人生のゴールでもありますから
若くて肌も綺麗な女性のうちに婚活をして結婚したいわけです。ただ30歳前後になっても結婚したくてもできないからアラサーと揶揄したり、自嘲したりするわけです。
婚活にはいろいろな方法があります。いくつか例を出してみます。婚活パーティー(お見合いパーティー)、合コン、ネット婚活、婚活サイトの活用、
お見合い、バー・飲み会、社会人サークルの活用、結婚相談所、恋活サイトなどでしょうか。
どれも結婚をしたいアラサーに適した婚活方法だと思います。お相手を真剣に探していて結婚を意識している人が多いからです。
ただアラサーだけでなく20代や30代後半、40代も参加しているのが婚活。
男性はあまり関係ないかもしれませんが女性は年齢が若い方が有利なので、実情は20代が多い婚活方法だとアラサーには厳しいかもしれません。
でも結婚となると生涯のパートナーを見つける結婚相手を見つける作業ですから理想を追ってしまうのが現状です。
理想を言うと例えば男性なら、若くて綺麗(可愛い)女性がいい、家事洗濯・料理ができる女性がいいなどです。
女性なら年収が高い人がいい、安定している一部上場企業のサラリーマンがいい、心の温かくて優しい男性がいいなどです。
最も重視するのは年収でしょう。ただ日本の平均的年収である400万円よりも多く稼いでいるアラサーの男性はあまりいないのが現状です。
男性30人で一人という割合のようです。現実と理想は厳しいのです。女性も男性もそうですがアラサーは異性の実情を知らないといけないのかもしれません。

平均的な年収はどれくらいか、本音はどうなのか、結婚に対しての意識はどうなのか、婚活パーティーに参加する人はどんな人かなどです。
婚活をする以上貴重な時間を割いて結婚相手を見つける努力をしているわけですから、事前にデータや統計を見てからじゃあ自分はどうすればいいか?を考えて行動するといいでしょう。
欠点がなくコミュニケーション能力が高い真面目な男性は、年齢が若い早いうちに結婚してしまいます。
男性も年収の少ない30代後半以降の男性はただただ痛いだけです。結婚もせず仕事もせず何をしていたのか?ですから。
自分が求めているレベルの異性は世の中にどれくらいいるのか?を知って婚活に取り組む方ががむしゃらに婚活するよりも早く結婚まで結び付くかもしれません。

 

アラサーは恋人ができにくい

アラサーが、恋人を作るのが難しいと思います。その理由は、男の人から見て魅力的な年齢だからです。アラサーは、目が肥えています。たくさんの男性がやってきても、選びすぎてなかなか恋人ができません。
アラサーの女性は、アラサー 出会いはあっても誰でもいいという、軽い気持ちでは付き合うことはできません。将来を考えて、長く付き合っていける男性を選びたいからです。恋人になってくれるのならば、頼りがいがあり、将来幸せにしてくれる男性であってほしいです。
男性は、アラサーでも結婚はまだ先の話という考えの方も多く、一緒に同じ時間を過ごすために、恋人を作ることを考えます。
中には、将来結婚して一緒に歩んでいける女性をじっくり探している方もいます。女性の方が結婚を意識して恋人を探す傾向があります。
結婚を口にするのは、男性からにしてほしいが、待っていても何もありません。最初から、結婚を前提に付き合っていれば、自然に結婚に流れて行けそうです。
口ではまだ結婚は先でも良いと言っても、本音は早く結婚したいと思っています。でも、誰でもいいわけではありません。自分の理想は崩したくないのです。幸せな結婚がしたいのです。なので、アラサーは、恋人を作るのは難しいと思います。